新型コロナウイルス感染症拡大防止のため【区役所土曜日開庁の休止】について

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、毎月第2・第4土曜日の開庁を、2020年4月25日・5月9日・5月23日は休止が発表されました。
※4月25日と、5月9日は、マイナンバーカード関係業務の事前予約済の方のみ手続き可能。

横浜市ホームページ:https://www.city.yokohama.lg.jp/

4月25日・5月9日の土曜日開庁休止について

事前予約されている方の、
・マイナンバーカードの交付
・電子証明書の更新

のみ、手続きを取り扱います。
上記以外の業務はすべて取り扱いを休止します。

また、予約済の方に関しても、区役所は可能な限り平日への予約変更をお願いしております。
「横浜市マイナンバーカード予約システム」にて予約をされている方は、ログイン後、予約の取り消し・新たな予約ができます。
※予約の振替に関する問い合わせ先
横浜市マイナンバーカード専用ダイヤル:0120-769-706(無料)

スポンサーリンク

5月23日の土曜日開庁の休止について

すべての業務の取り扱いを休止します。

区役所(戸籍課)来庁以外の手段による手続きについて

転出届や住民票の写しの請求など一部の手続きについては、郵送で手続き可能です。
下記の手続きは、区役所へ来庁せずに郵送で手続きできます。

  • 転出届(横浜市外への引っ越し)
  • 住民票の写し等の取得

また、マイナンバーカードを持っている方は、コンビニで証明書の取得ができます。
※取り扱いを行っていない証明書もあります。

スポンサーリンク

区役所(戸籍課)への転入・転居・世帯変更等の届出期間の延長について

転入・転居・世帯変更等の住民票の異動に関する手続きは、法令により届出の事由が生じた日(引っ越し等の日)から14日以内に手続きを行う必要がありますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、当分の間14日を過ぎても手続き可能です。
届出期間の延長を行っている手続きは、下記のとおりです。

  • 転入の届出
    市外・横浜市内の他区・国外からの引っ越しによる住民票の手続き
  • 転居の届出
    横浜市内の同一区内での引っ越しによる住民票の手続き
  • 世帯変更の届出
    世帯主の変更、世帯の分離・合併等の手続き
  • 外国人の方の住居地届出の手続き

※転入の届出等、届出の事由が生じた日(引っ越し等の日)から14日を過ぎて届出をする場合、児童手当、小中学校の転校、保育園関係、各種健康保険、介護保険、福祉サービス、年金などの手続きに関し、影響がある場合がありますので、あらかじめ担当課に確認してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です