【横浜市営バス】オリンピック期間中の市営バスの迂回運行・起終点変更について

スポンサーリンク

2021年夏に開催される東京オリンピックについては、『【東京オリンピック】2021年・横浜市内で実施される競技日程・開催試合の詳細をまとめました!』でご紹介しているとおり、横浜市内でも野球・ソフトボールやサッカーの競技が実施されることとなっています。

オリンピック開催に伴い、横浜市営バスの一部系統において迂回運行や起終点の変更が実施されます。
以下で概要をご紹介しますが、詳細については、横浜市交通局公式サイトに掲載されているこちらの案内(東京2020オリンピック開催に伴う、市営バスの運行について)でご確認ください。

対象期間・エリア

運行の変更が実施される期間は『2021年7月11日(日)~2021年8月9日(月)』となっています。

野球・ソフトボールが開催される『横浜スタジアム』の周辺のエリアについて、交通規制が実施されるため、迂回運行・起終点の変更が実施されることとなっています。

スポンサーリンク

迂回運行・起終点変更の概要について

休止停留所:地下鉄関内駅・開港記念会館前(いずれも両方向)
移設停留所:港町(両方向)・横浜スタジアム前(元町方向)

該当の路線は以下のとおりとなっています。

101系統、105系統、106系統、328系統:迂回運行
32系統:迂回運行・起終点変更
79系統:起終点変更

以下の案内図も横浜市交通局の公式サイトに掲載されていました。

横浜市交通局公式サイトより
スポンサーリンク