横浜そごう パンフェスに行ってきました!

スポンサーリンク

パンフェスについて

2019年1月23日(水)~29日(火)にそごう横浜店の8階催会場で開催されているパンフェスに行ってきました!

会場の様子や、購入したご当地パン等の食レポートをお届けします。

また、そごう横浜店では定期的にこのパンフェスが開催されるようで、ひと月ほど前の2018年12月11日(火)~17日(月)にも開催されていました。その時も立ち寄っていましたので、前回の様子やレポートもあわせてお届けしようと思います。

スポンサーリンク

会場の様子

会場は、そごう横浜8階の催会場です。週末に訪れたので、会場はとてもにぎわっていました。すぐ隣ではバレンタインデーに向けたチョコレート販売のイベント「ヨコハマチョコレートパラダイス」が開催されていました。

メディアで話題のパン屋さんが数多く出店しており、全国各地のご当地パンのコーナーもありました。

こちらは「俺の」シリーズで有名な「俺のBakery&Cafe」の銀座の食パンです!前回に引き続き出店していました。
「俺のBakery&Cafe」は横浜駅付近には店舗がないため、こういったイベントで購入するチャンスがあるのはありがたいですね。

他にも美味しそうなパン屋さんが出店していましたよ!

この案内のとおり、日替わりの限定品も販売されているようです。

こちらは全国各地のご当地パンコーナーです。ご当地パンはこういったイベント時でしか、中々食べられないので良いですね!

購入したパンについて

・奥久慈卵のとろーりクリームパン(チョコ)

前回のパンフェスで、チョコクリームではなく通常のカスタードクリームのパンを購入していたのですが、それがあまりに美味しかったためまた購入しました!今回はチョコバージョンが売っていたためチョコにしてみました。

中身がぎっしり詰まったクリームパンです。冷蔵コーナーで販売されており、パンというよりシュークリームに近く贅沢なデザートのようでした!

・キャベツナドッグ(エッセン)

ツナとキャベツたっぷりのサラダが挟んである総菜パンです。意外とコショーが効いておりしっかりした味で、夜のおつまみにもぴったりと感じました。

・京風メロン(山一パン)

中に白あんが入っておりボリューム満点です!見た目も通常のメロンパンとは違う印象ですが、メロンパン好きの息子も気に入った様子でした。

・三角チーズパン(つるさき食品)

弾力のあるパン生地の外側を、甘めの生地でコーティングしてあります。パンの中には濃厚で美味しいクリームチーズが入っており、チーズ好きの方にはおすすめです!

スポンサーリンク

前回のパンフェスの様子・食レポート

こちらは前回(2018年12月)のパンフェスの様子です。

前回の会場は、そごう横浜店9階の市民フロア センタープラザでした。こちらの方が天井が吹き抜けになっていて広々とした印象でした。

今回と同様、話題のパン屋さんのコーナーに加えて人気のご当地パンコーナーがありました。ご当地パンをいくつか購入して食べてみましたのでご紹介します。

・奥久慈卵のとろーりクリームパン

クリームがたっぷり入っています。

クリームはまるでなめらかなプリンを食べているような、シュークリームを食べているような錯覚に陥るほど贅沢で本格的なクリームでした!

・箱根の黒糖ほんのり甘いまろやかあんぱん

黒糖と胡麻の香りが食欲をそそります!中にはあんことホイップクリームが入っています。

生クリームも甘すぎず、あんことのハーモニーが絶妙です。パン生地は黒糖のほのかな甘みがありました。

・くりぃむぱん(ニシカワ食品)

パン生地が甘めのブリオッシュ生地です。

中のクリームは万人受けしそうなオーソドックスなクリームで、パン生地との相性が良く美味しかったです。

・リンゴパン(市川商会)

中のバタークリームは砂糖のジャリジャリした食感が特徴的でした。パン部分はダックワーズに少し似てるような感じで甘みがあり、ほんのりリンゴの風味がしました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です