『仲木戸駅』が駅名変更で『京急東神奈川駅』に!乗換情報も合わせてお届けします!

スポンサーリンク

2020年3月に京急線の仲木戸駅の駅名が京急東神奈川駅に変更されます。仲木戸駅からJRの東神奈川駅は距離が近く、徒歩で乗り換えが可能です。乗換情報とあわせてご紹介します!

京急線の駅名変更について

2019年1月、京浜急行電鉄は創立120周年記念事業として、2020年3月に京急線の4駅の駅名を変更することを発表しました

  • 産業道路駅→大師橋駅
  • 花月園前駅→花月総持寺駅
  • 仲木戸駅→京急東神奈川駅
  • 新逗子駅→逗子・葉山駅

変更後の駅名は、沿線の小中学生を対象にして行った わがまち駅名募集 の意見を参考にしつつ、総合的に勘案している決定したとのことです。

スポンサーリンク

仲木戸駅について

この中で注目したいのは『仲木戸駅』です。

京急線 仲木戸駅

そんなに大きな駅ではないです。正直、普段京急線を利用しない人にとっては知名度も低めかと思います。

横浜駅から品川方面の京急線各駅停車に乗ると、横浜→神奈川→仲木戸と2駅で到着します。

この仲木戸駅は、JRの東神奈川駅のすぐ近くで、徒歩で乗り換え可能な駅です。地元の人は当然知っているかと思いますが、知らない人も多いのではないでしょうか。

京急からのニュースリリースにも、

東日本旅客鉄道(株)の東神奈川駅と隣接していながら、駅名が異なることで乗り換え可能な駅としてお客さまから十分に認知されていないことから、「京急」を冠したうえで同駅名とし、乗り間違いを防ぎつつ利便性を高める。

京急電鉄ニュースリリースより

と記載があり、京急としても知名度が低いと課題認識しており、今回の駅名変更につながったようです。

東神奈川駅について

東神奈川駅は、横浜駅から川崎、東京方面の京浜東北線で1駅です。

横浜線の始発駅でもあります。横浜線は、東神奈川駅と八王子駅を結ぶ路線で、途中に新横浜駅、町田駅などの主要駅があります!

東神奈川駅西口
イオンスタイル東神奈川

東神奈川駅の西口側にはこのように大型の商業施設『イオンスタイル東神奈川』があります。

東神奈川駅東口直結の駅ビル シャルプラット東神奈川

東口側は『シャルプラット東神奈川』という駅ビルがあり、駅直結のため便利です。

かなっくホール

東口出てすぐのところにには、横浜市神奈川区民文化センター『かなっくホール』があります。

スポンサーリンク

仲木戸駅~東神奈川駅間の乗換の経路について

仲木戸駅から東神奈川駅への乗換の経路を写真付きでご紹介します。

仲木戸駅では2階の改札口から出ます。

仲木戸駅 2階の改札口

この改札は上りの品川方面のホームからはそのままつながっています。下りの横浜方面のホームからだとエレベーターや階段を利用して、反対側のホームに移動する必要があります。

両駅をつなぐ連絡橋 かなっくウォーク

改札を出るとそのまま連絡橋につながっており、すぐに東神奈川駅が見えます。普通に歩くとおよそ2分程で到着できるかと思います。この両駅をつなぐ連絡橋を『かなっくウォーク』というらしいです。

JR東神奈川駅に到着しました!

ただし、この連絡橋に屋根等はありませんので、雨の日に大きな荷物を持って乗り換えするのは少し大変かもしれません。

東神奈川駅改札内から

逆の経路で、東神奈川駅から仲木戸駅に向かう際も、このようにわかりやすい案内表示があります。
東神奈川駅の改札はここ1箇所だけですので、迷うことはないかと思います。

京急線から横浜線への乗り換えが便利!

東神奈川駅は『京浜東北線』と『横浜線』が通っています。京浜東北線は京急線と横浜~品川間をほぼ並行して走っているため、あまり乗り換える機会はないかと思います。

乗り換えが便利なのは『横浜線』を利用する場合です。

具体的なケースとして、『羽田空港』から『新横浜』への移動を考えます。新横浜は『日産スタジアム』や『横浜アリーナ』があり、大きなイベントも多数催されます。

羽田空港から新横浜への移動はバスも利用可能ですが、定員制で満席だと乗れなかったりすることもありますので電車で移動する人も多いと思います。

『羽田空港国内線ターミナル駅』から、京急線で横浜方面の『エアポート急行』に乗ると乗り換えなしで『仲木戸駅』に到着します。日中の時間帯は、およそ10分おきに横浜方面のエアポート急行が発車します。

エアポート急行に乗って、『仲木戸駅』での乗換えを知らずに、その先の『横浜駅』で乗り換えた場合と所要時間・運賃(2019年10月の改定後)を比較してみましょう。

①仲木戸駅乗換えの場合
羽田空港国内線ターミナル~仲木戸 26分
東神奈川~新横浜 10分
運賃(IC運賃)京急 333円、JR 168円 、合計 501円

②横浜駅乗換えの場合
羽田空港国内線ターミナル~横浜 29分
横浜~新横浜 13分
(横浜~新横浜は横浜市営地下鉄ブルーラインも利用できますが、京急線からの乗換えが遠くて大変なのでJRを利用する想定とします)
運賃(IC運賃) 京急 364円、JR 168円、合計 532円

乗換時間については、②の横浜駅の方が少し早くできるかもしれないですが、それを考慮しても①の仲木戸乗換えの方が新横浜に早く到着すると思います。
横浜駅は混雑していることが多いですので、人混みを避ける点でも仲木戸乗換えが便利かと思います。
運賃も、わずかですが仲木戸乗換えの方が 31円だけ安くなります!

なお、『京急線が空港線の加算運賃引下げで、横浜駅~羽田空港間も大幅に値下げへ!』の記事でご紹介しているとおり、2019年10月からは京急線で羽田空港へ向かう際の運賃が引き下げになることが発表になっていますので、あわせてご確認ください。

いかがでしょうか。機会があればぜひ仲木戸駅での乗換えをしてみてください。

【おまけ①】東急東横線 東白楽駅も徒歩圏内

東神奈川駅付近からは少し歩きますが、東急東横線の『東白楽駅』へも徒歩10分程度で行けます。

東横線はみなとみらい線直通ですので、みなとみらいや日本大通り、元町中華街方面まで乗換えなしの1本で行けます。

特にベビーカー等を利用している時は、横浜駅での京急線やJRからみなとみらい線への乗り換えは大変ですので、横浜駅での乗換えが不要な東横線の東白楽駅は使い方によっては便利です!

【おまけ②】神奈川区にある駅の乗降客数ランキング

最後に、仲木戸駅、東神奈川駅が位置する神奈川区にある鉄道駅の1日あたりの乗降客数を調べてみましたのでご紹介します。

神奈川区はJR、京急線、東急東横線、市営地下鉄ブルーラインが通っています。

JR東日本 2017年度

  • 東神奈川 36,690
  • 新子安 23,451
  • 大口 18,520

京急線 2017年度

  • 神奈川 4,637
  • 仲木戸 22,996
  • 神奈川新町 19,267
  • 子安 7,740
  • 京急新子安 8,517

東急東横線 2018年度

  • 白楽 44,994
  • 東白楽 14,781
  • 反町 13,634

横浜市営地下鉄ブルーライン 2017年度

  • 片倉町 22,559
  • 三ツ沢上町 16,873
  • 三ツ沢下町 12,507

JRだけは乗降客数ではなく乗車人数のため、基準をそろえるには2倍する必要があります。
そうすると、東神奈川駅が一番多く、7万3千人程ですね。

神奈川区には乗降客数10万人を超えるような大きな駅はないのですが、今回取り上げた東神奈川駅、仲木戸駅は2駅足すと9万6千人程と10万人近いことが分かりました!

スポンサーリンク

『仲木戸駅』が駅名変更で『京急東神奈川駅』に!乗換情報も合わせてお届けします!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です