【OIMOおいも】横浜駅ポルタの生スイートポテト専門店!手土産にもおすすめ!

スポンサーリンク

横浜駅東口の地下街ポルタのSweet&Deli+にある生スイートポテト専門店【OIMO】について、気になる賞味期限や、商品のラインナップ、食べてみた正直な感想、美味しい食べ方などをご紹介します!
※こちらの横浜駅地下街ポルタの店舗は期間限定のショップのため、すでに閉店しています。
公式サイトにオンラインストアやPOP-UP STOREが紹介されていますので、気になる方はそちらをご利用ください!

スイートポテトというと焼くのが普通ですが、OIMO(おいも)の生スイートポテトは焼かずに作られており、焼かないからこそ出せるなめらかでクリーミーな食感が売りとなっています!
芋だけでなく、クリームやバターなどの素材にもこだわっているそうです。

商品のラインナップ

写真付きでご紹介します!季節限定の商品もあります。

  • 黒ごまきな粉
  • プレーン
  • ほうじ茶
  • カカオ
  • レモン(季節限定)
  • 抹茶
  • 紅いも(人気№2)
  • ブリュレ(人気№1)
スポンサーリンク

賞味期限や美味しい食べ方について

気になる賞味期限!

知人や友人の家に遊びに行く時や、実家に帰る時などに手土産を持っていく際に『賞味期限』は重要なポイントだと思います!
【OIMO】の生スイートポテトは、当日中に食べなければならないのかな?と思っていたのですが、冷凍庫で保管することで購入日を含め5日間日持ちするそうです!
※持ち運びの際も2時間までならそのままでOKなようです

美味しい食べ方について

お店に置いてあったパンフレットに美味しい食べ方が載っていましたので、ご紹介します!
先ほどもお伝えしましたが、OIMOの生スイートポテトは冷凍庫で保管しておかなけらばならないので、食べる際に食べる分だけ解凍する必要があります。

お店が紹介している解凍方法は3つあります!

  • 室温で15分
  • 室温で30分
  • レンジで30~40秒

この後、実際に購入した商品を3つの解凍方法をすべて試して食べてみた感想をご紹介します!

実際に食べてみた感想

今回は人気№1のブリュレ、人気№2の紅いも、プレーンの3種類の商品を購入して食べてみました。

人気№1ブリュレ

室温で30分解凍して食べてみました。
ひんやり感は残りつつ、しっかり解凍されていてなめらかな食感でした!
表面がキャラメリゼされていることで、食欲をそそる見た目になっています!

人気№2紅いも

紅いもはレンジで40秒ほど解凍しました。
室温で解凍するのと違い、しっかり温かくなっていてほくほくというよりはねっとり食感かな、と感じました。

プレーン

プレーンは室温で15分解凍しました。
室温30分で解凍するより、ひんやりしていてしっかりとした食感でした!

3つの解凍方法を試してみた結果

  • 室温で15分
  • 室温で30分
  • レンジで30~40秒

の3つの解凍方法で食べ比べをしてみましたが、それぞれ食感に違いがありましたが、パイ生地はどの解凍方法でもかなりサクッとしていてパイ本来のサクサク感を感じることが出来ました!
パイ生地がサクサクしている分フォークやスプーンで食べようとするとボロボロ零れ落ちてしまう為、手で持って食べることをおすすめします!

個人的には、室温15分解凍でひんやり、しっかりとした食感で食べるのが生スイートポテトの美味しさを1番感じられるような気がしました!

スポンサーリンク

まとめ・感想

生スイートポテトはとても美味しかったのですが、1つ300円の価格は少し高いかな?と感じました。

パイ生地と生スイートポテトが合体した商品ですが、パイ生地のサクサク感が強すぎて、なめらかなスイートポテト部分との一体感があまり感じられなかったです。もうすこしパイ生地をしっとりさせるとスイートポテトとうまく融合するのではないかな、と思います。

ですが、美味しいことにかわりはないです!
価格のことを考えると、自宅用というよりは手土産に向いているかと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です