横浜市プレミアム付商品券(20%割引)が2019年10月に発行!対象者や利用可能店舗は?

スポンサーリンク

横浜市では2019年10月1日から『横浜市プレミアム付商品券』を発行します。プレミアム付ということで商品券の購入額以上の買い物ができるお得な制度となっています。制度の内容や対象の世帯、その他の情報についてまとめましたのでご紹介します。

プレミアム付商品券事業(経済財政政策)について

2019年10月に予定されている消費税率の10%への引き上げに際して、低所得者や子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起、下支えすることを目的として『プレミアム付商品券事業』が実施されます。

この事業は国の経済財政政策の一環として全国で実施されます。詳細な実施方法については各自治体が定めることになっているようです。

購入対象者

  • ①2019年度住民税非課税者(課税基準日2019年1月1日)
  • ②2016年4月2日〜2019年9月30日までに生まれた子が属する世帯の世帯主

どうやら子育て世帯というのは、0〜2歳の子どもを育てている世帯という整理のようです。

使用可能額

  • 上記①の該当者:25,000円(購入額20,000円)
  • 上記②の該当者:25,000円(購入額20,000円)×対象となる子の数

割引率

20%(25,000円分の商品券を20,000円で購入)

スポンサーリンク

横浜市プレミアム商品券について

横浜市では6月25日からこちらの横浜市プレミアム付商品券公式サイトを公開しています。横浜市での実施方法について、もう少し詳しい概要が掲載されていましたのでご紹介します。

商品券のデザインもブルーとゴールドを基調とした、船や波、バラなど親しみのある横浜の風景を取り入れたものに決まったようです。

商品券名称

横浜市プレミアム付商品券

綴り構成

1冊あたり:500円券×10枚

販売価格

1冊あたり5,000円分(500円×10枚)を4,000円で購入可能
1枚の購入引換券につき、最大5冊を分割して購入可能

販売期間

2019年10月1日(火)〜2020年2月29日(土)
購入対象者には9月頃から購入引換券が送付されます

販売方法

商品券引換販売窓口にて、購入引換券と本人であることを示す身分証を提示して購入。
※引換販売窓口は横浜市18区の各区域に2箇所以上設置する予定とのこと。

利用期間

2019年10月1日(火)〜2020年3月31日(火)

その他(利用上の注意等)

こちらに利用上の注意についても記載がありますのでご確認ください。
一般的な内容がほとんどな気がしますが、利用期間内に限り、横浜市で登録された利用可能店舗でのみ利用可能となっています。また、釣銭は出ないようです。

商品券を利用できる協力店舗の募集について

商品券を利用できる協力店舗の募集について、横浜市からこちらの記者発表資料のとおり募集概要が発表になっています。

小売店や飲食店、サービス業など幅広く横浜市内の店舗等の募集をするようですね。利用可能店舗が多いほど便利で使いやすくなります。

募集期間

2019年6月25日(火)〜8月24日(土)まで
その後、9月に商品券を利用できる店舗を一覧にした冊子を発行予定とのことです。
その他、応募資格や応募方法についての詳細も記者発表資料に記載されています。

スポンサーリンク

横浜市の対象人数、発行総額は?

上でご紹介した協力店舗募集の記者発表資料に、参考情報として横浜市でプレミアム付商品券の販売対象となる人の人数や発行総額が載っています。

子どもの人数についてはおそらく予測数値かと思われます。発行総額については、仮に対象者が全員商品券を発行した場合の金額のようですので、実際にはこの発行総額よりは小さくなるはずです。

対象人数

  • 2019年度住民税非課税者:約51万5千人
  • 2016年4月2日〜2019年9月30日までに生まれた子:約10万人

発行総額

約154億円(最大)
25,000円×(515,000+100,000)= 約154億円
うち、プレミアム補助額は発行総額の20%の約31億円

まとめ

お得に買い物ができるプレミアム付商品券についてご紹介しました。20%のプレミアムは意外と大きいと思います。
対象の子どもが2歳までとなっていますが、個人的にはもう少し大きい子どもまで含めて対象にすると影響も大きく、効果的なのではなないかと感じました。

購入対象者には9月頃に購入引換券が送付されてくるようです。対象の世帯の方はぜひ購入を検討してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です