【ラグビーWC・ファンゾーン】入場無料でパブリックビューイングやグルメを楽しめるイベントについて!

スポンサーリンク

2019年9月から、いよいよ日本でラグビーワールドカップが開催されます!
入場無料で、パブリックビューイングや様々なイベントが実施される『ラグビーワールドカップTMファンゾーンin神奈川・横浜』の開催日がこちらの横浜市からの記者発表資料のとおり発表になっていますので、概要とあわせてご紹介します。

ファンゾーンとは何か?

ファンゾーンとは、ラグビーワールドカップ期間中に開催する入場無料の公式イベントスペースです。

大型のスクリーンでのパブリックビューイングや、飲食店販売ブースの出店、大会スポンサーによるプロモーション活動などが行われます!

海外のラグビーファンの間では、ファンゾーンで盛り上がったあとに試合会場に行くのが慣例になっているそうです。
また、ファンゾーンを通じて、スポーツを楽しむ文化を訪日外国人と日本人が共に体験する非日常的な空間の創出を目指すようです。

スポンサーリンク

ファンゾーンの開催日について

開催日については、以下のとおり開幕日の9月20日(金)から決勝戦が行われる11月2日(土)まで、毎週土日を中心に合計15日間の予定となっています。

  • 9月20日(金)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
  • 10月5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)
  • 11月1日(金)、2日(土)

会場について

会場:臨港パーク(横浜市西区みなとみらい1丁目)

  • みなとみらい線:みなとみらい駅から徒歩5分
  • JR・市営地下鉄:桜木町駅から徒歩15分
スポンサーリンク

主なコンテンツは?

ファンゾーンの主なコンテンツは以下のとおりです。

  • 試合観戦(パブリックビューイング):大型画面で32試合を生中継
  • グルメ(飲食販売):神奈川県や横浜市の名店や大会出場国の料理など多彩なラインナップ
  • ステージイベント:日本と世界の文化に触れる魅力あふれるイベントを開催
  • ラグビーアクティビティ:子どもから大人まで楽しめるアクティビティ

グルメ(飲食販売)に関して、横浜市はこちらの案内のとおり、ケータリングの出店を募集していました。テーマとして以下の点が挙げられています。パブリックビューイングステージイベントだけでなく、会場では美味しい料理も一緒に味わえるようですね!

  • 神奈川・横浜の名産を世界に広げる(神奈川・横浜の伝統や味を伝える料理の提供)
  • 地産地消の取組を推進する(県内で取れた新鮮な旬の野菜や果物、卵、肉、魚などを主原料とした料理の提供)
  • ラグビーワールドカップ2019の出場国の料理を紹介する(出場国を身近に感じ、手軽に楽しく食べられる料理の提供)

まとめ

2019年9月に開幕するラグビーワールドカップは、横浜市内でも横浜国際総合競技場(日産スタジアム)において、決勝戦を含む合計7試合が予定されています。

日産スタジアムで開催される試合などの情報については『【ラグビーワールドカップ】横浜・日産スタジアムでの開催試合や横浜市の取り組みについて!』の記事でご紹介しています。ラグビーワールドの開催期間中は横浜市内は大変な盛り上がりを見せると思われます!

今回ご紹介したファンゾーンは、海外からラグビーの観戦に来る訪日外国人もターゲットにしているため、訪れてみると海外からの熱いラグビーファンとも交流できそうです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です