横浜ランドマークタワー展望台「スカイガーデン」が2020年春リニューアルオープン!

スポンサーリンク

横浜のシンボル的存在の横浜ランドマークタワーの69階展望フロア「スカイガーデン」が2020年4月25日(土)にリニューアルオープンします!

リニューアルコンセプト「YOKOHAMA360°」

リニューアルコンセプトワード

リニューアルコンセプトワード
“YOKOHAMA 360°”

1.展望フロア一周(360°)を楽しむ
2.様々なコンテンツを通して多角的(360°)な視点で横浜を知る
3.世代・国籍を問わず誰もが多様な過ごし方(360°)で楽しめる

https://www.yokohama-landmark.jp/aim/press/pdf/2020skygardenrenewal.pdf

これまでと同様に、地上273mからの景観を360°楽しめることに加えて、「YOKOHAMA360°」をコンセプトに、

  • 横浜・空の図書館
  • 空中散歩MAP
  • スカイカフェ
  • タワーショップ

の4つのポイントで、横浜の歴史や文化を体感したり、ローカルな食を味わい、スカイガーデンにしかないギフトに出会うことで、横浜・神奈川の街を歩くことがさらに楽しくなるような施設を目指しています。
このリニューアルによって、地上273mからの景観を楽しみながら、これまで以上に思い思いの過ごし方を楽しむことができます。

今回のリニューアルによって、これまで以上に展望台「スカイガーデン」で様々な体験が可能になるようですね!
ここでしか体験できない!という楽しみがあると、地元の方はもちろん観光客の方もこれまで以上に期待できる施設になりますね。

リニューアルの4つのポイント

  • 横浜・空の図書館
    「横浜・神奈川」と「空」に特化した本を約2,000冊厳選したライブラリーを創設。
    厳選した約2,000冊の本は、横浜・神奈川のガイドとなるような本や、横浜・神奈川を舞台とした小説・漫画・絵本・写真集、ゆかりの人々の著作、展望フロアでの読書にぴったりな「空」にまつわる本などです。
    毎月書籍が入れ替わるので、何度行っても楽しめる図書館となっています!
    また、街と文化を深めるテーマでの定期的なイベントも開催されます。
  • 空中散歩マップ
    横浜の街を床や壁に投影した空間です。
    この空間に足を踏み入れると、横浜発祥の地、現代の観光スポット、歴史的建造物、横浜ゆかりのヒーローなどが姿をあらわします。
    小さなお子さんや、訪日観光客まで幅広い方が楽しめる空間です!
  • スカイカフェ
    富士山や関東平野を一望できるカフェスペースです!
    リニューアル前より広くなって、より多くの方が利用できるようになりました。
    階段状に広がるゆったりとした席もあって、まるで空の公園でベンチに腰かけているようなおだやかな時間を楽しむことができます!
    ランドマークタワーオリジナルカクテルや横浜クラフトビール、スカイガーデンの高さ273mにちなんだ273mmのソフトクリームなどが楽しめます。
    夜景を見ながら、オリジナルカクテルや横浜クラフトビールなどを楽しむことができるのも魅力的ですね!
  • タワーショップ
    ユニークなステーショナリーやアクセサリー、「赤い靴」もモチーフにしたチョコレート菓子、横浜から広まったカレーライスなど、横浜・神奈川のローカルなお土産を購入できます。
    また、スカイガーデンオリジナルの限定グッズなど、ここでしか買えないギフトが販売されます!
スポンサーリンク

まとめ

今回のリニューアルで、さらに魅力的なスポットへと進化を遂げた「スカイガーデン」は、観光客だけでなく、横浜で暮らす人々や働く人々にとってもより一層訪れたくなる場所になりました。
スカイガーデンの空の図書館で、横浜についての知識を深め、実際の街歩きに参考にしたり、スカイカフェでのんびりとした時間を楽しんだりと、各々の思い思いの時間を過ごすことができます。
とても魅力的なスポットですね!
展望台というと、景色が眺められる場所というイメージが強いですが、それ以上の体験が出来る施設が「スカイガーデン」にはあります。
横浜に訪れた際は、ぜひ横浜ランドマークタワー69階「スカイガーデン」に足を運んでみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です