【オンライン横浜マラソン!2020】開催決定!大会概要についてご紹介します!

スポンサーリンク

横浜マラソン2020は、11月に開催予定となっていましたが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大が収束に至っていない状況をふまえ、2020年5月8日に開催中止が決定されました。こちらの公式サイトでも発表がされています。

横浜マラソン2020は中止となりましたが、その代替企画として『オンラインマラソン』の開催が決定しています!

オンライン横浜マラソン(第1回)について!

横浜マラソン公式サイトのこちらのページ(オンライン横浜マラソン)で概要が発表されています。

概要は以下のとおりで、フルマラソン、ハーフマラソン、10kmの中から自身の走力に応じて、コースを選択できるようになっています。

■開催:2020年11月1日(日)から11月14日(土)まで
■種目:フルマラソン、ハーフマラソン、10km
■申込期間:2020年10月1日(木)から10月23日(金)まで
■参加料:2,500円(別途申込手数料)
■募集人数:フルマラソン(1,000人)、ハーフマラソン(500人)、10km(500人)、合計(2,000人) ※先着順

スポンサーリンク

当初発表の横浜マラソン2020の概要

以下では、当初発表されていた横浜マラソン2020の開催内容をご紹介しています。

2020年の横浜マラソンが2020年11月1日(日)に開催予定となっています。横浜マラソンは、毎年横浜で開催される市民参加型のマラソンで、著名人が応援ゲストとしてやってきたり、コース上の企画も豊富です。毎年、メインのマラソン以外にも横浜マラソンEXPO等のイベントも並行して開催されますので非常に大規模なイベントです。

2020年4月1日よりエントリーは開始されてはいますが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大による影響が懸念されています。

大会概要について

横浜マラソン2020の主な大会概要は以下のとおりとなっています。

  • 開催日:2020年11月1日(日)
  • 主催:横浜マラソン組織委員会
  • 主管:(一社)横浜市陸上競技協会
  • 種目:フルマラソン(42.195km)、1/7フルマラソン(6.0278km)、1/7フルマラソン(車いす)、2km(車いす)

横浜マラソン2020のコースについて

横浜マラソン2020のコースは公式サイトのこちらのページのとおり発表になっています。前年の2019年から大きな変化は見られません。

フルマラソンのコースを簡単にご紹介すると、みなとみらい大橋からスタートしてみなとみらい21地区、山下公園を通り横浜南部市場で折り返します。首都高速湾岸線を通り横浜港シンボルタワーで折り返し、再び山下公園、赤レンガ倉庫を通り、パシフィコ横浜でフィニッシュとなります。

新型コロナウイルス感染拡大の影響について

2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により様々な大規模イベント等の開催が自粛されており、横浜マラソン2020についても予定通り実施するかどうかについて、慎重に検討がされているものかと思われます。

公式サイトでは、こうした新型コロナウィルス感染症拡大の状況を考慮し、2020年5月14日までに開催有無を含めた方針を決定する旨が記載されています。

スポンサーリンク