【横浜市営地下鉄ブルーライン】2020年のダイヤ改正・2019年に発生した事故について

スポンサーリンク

横浜市営地下鉄ブルーラインのダイヤ改正が2020年1月31日(金)に実施されます。横浜市交通局がこちらの記者発表資料のとおり発表しています。

これはブルーラインで2019年の6月、8月に発生した事故後の車両体制をふまえた対応のようです。2019年に発生したブルーラインの事故(脱線、オーバーラン)とあわせてご紹介します。

ダイヤ改正の内容について

朝ラッシュ時間帯の運行間隔(平均)が4分20秒→4分30秒となります。

【改正前】ブルーライン横浜駅 下り(湘南台方面)の時刻表

平日の朝ラッシュ時間帯のみの改正で、平日の始発列車や午前10時以降のダイヤ、土日のダイヤには変更はありません。

改正日

2020年1月31日(金)

スポンサーリンク

ラッシュ時の運行本数は若干減少

平日の朝ラッシュ時間帯の1時間あたりの運行本数が平均で14本から13本に減少されるようです。

ただし、最混雑区間(上り:阪東橋→伊勢佐木長者町、下り:三ツ沢下町→横浜)の1時間あたり(7:30〜8:30)の運行本数は改正前から変わらず14本のままとのことです。

私は下りのラッシュ時間帯にブルーラインを利用することがありますが、横浜駅まではぎゅうぎゅう詰めの満員電車に遭遇することがほとんどです。
ダイヤ改正によりこの混雑がさらに悪化する懸念もありますが、運行間隔が10秒程度長くなるだけのようですので、そこまで大きな影響はないような気もします。

2019年6月のブルーライン事故(脱線)について

今回のダイヤ改正の原因にもなってしまった2019年のブルーラインの事故についてご紹介します。

2019年6月6日(木)の早朝に、上りの下飯田駅〜立場駅間でブルーラインの車両が脱線する事故がありました。事故の概要については横浜市公式サイトのこちらのページに掲載されています。

この脱線事故については、当時大きく報道されていたので記憶に残っている方も多いと思います。この事故によって、湘南台駅〜踊場駅間が数日間にわたって運転見合わせとなり、市民の生活にも大きな影響がありました。

調査報告書(市営地下鉄ブルーライン脱線事故調査報告書)についてもこちらのとおり公表されており、事故の詳細(事故の原因や原因の分析、再発防止策など)を知ることができます。

スポンサーリンク

2019年8月のブルーライン事故(オーバーラン)について

2019年8月には、オーバーランにより車両が前方の壁面に衝突する事故が発生しました。

事故の概要については横浜市公式サイトのこちらのページに掲載されています。回送列車だったため乗客はいませんでしたが、運転士が負傷されたようです。

こちらの事故も同様に調査報告書(市営地下鉄ブルーライン脱線事故調査報告書)が公表されています。

スポンサーリンク