【銀座甘楽】和菓子専門店の豆大福といちご大福が美味しい!横浜駅ジョイナス店!

スポンサーリンク

横浜駅西口のジョイナスB1フロアのダイヤキッチンに出店している和菓子専門店「銀座甘楽」の 豆大福といちご大福をご紹介します!
粒あんがたっぷり入った豆大福と、白あんの優しい甘さと滑らかさがいちごと相性バッチリのいちご大福が本当に美味しかったです!

銀座甘楽の売れ筋№1は豆大福です。
そして、いちご大福と言えば冬の限定スイーツのイメージがありますが、銀座甘楽では通年販売されています。

銀座甘楽の看板商品で売れ筋№1の豆大福について

今回はいちご大福を目当てに銀座甘楽へ足を運んだのですが、「売れ筋№1」や、「人気№1」というワードに弱い私は、看板商品の豆大福も一緒に購入してしまいました。

こちらが甘楽の看板商品「豆大福」です。

1個あたりのカロリーは144キロカロリーです。
洋菓子などに比べると、思ったよりカロリーは高くないですね。

お皿にのせてみました。
ちょこっとのぞく豆が可愛らしいです。

中には粒あんがぎっしり入っています!
粒がしっかりしていて、甘みが程良いあんこで、こんなにたっぷり入っているのにペロリと食べられました!
北海道留寿都契約農園産のこだわり小豆を使用しているそうです。
あんこ好きの方にはイチオシの和菓子です!

スポンサーリンク

白あんがたまらない!いちご大福について

毎年冬になると、いちご大福が食べたくなりませんか?
季節限定商品であることが多いいちご大福が、甘楽では通年販売されています。
いちご大福が大好きな私にとっては嬉しい限りです!

いちご大福も豆大福と同じくらいのカロリーです。

いちごの赤色が求肥を通してうっすらピンク色に見えるのが分かりますか?

完熟で綺麗な色をした苺が入っています!
白あんもたっぷり入ってます。
滑らかで優しい甘味の白あんが苺の甘酸っぱさを引き立てていて、とても美味しいです!
わりと小ぶりの苺なので子供でも食べやすいです!

生菓子以外のお菓子も充実!

和菓子屋さんというと生菓子のイメージがありますが、生菓子以外の和菓子も充実していたのでご紹介します。
生菓子は当日中に食べきらないといけませんが、焼き菓子などは日持ちする点が魅力の一つでもありますよね。

店頭の写真は↑の1枚しか撮っていなくて、この写真に写っている商品もすごく美味しそうでした。
パンフレットをもらってきたので、パンフレットの写真でご紹介します。

まず、りんごぱいです。
青森県産の林檎の蜜漬けを契約農園産の小豆をしようした粒あん入りのパイに入れた商品です。
和風のアップルパイという感じですかね?すごく美味しそうですね!

こちらは「繭衣」という商品です。
ふんわりとした生地に契約農園産の小豆を使用した粒あんを挟んだものです。
店頭でも商品を見かけましたが、とてもきめ細かいフワッとした生地が美味しそうでした!
食べたことは無いのですが、イメージ的には仙台銘菓の「萩の月」のクリームがあんこになった感じなのかな?と思っています。

こちらは「銀六餅」という商品です。
商品名に「餅」とついていますが、餅個入りのどら焼きで、もちもち生地なんだそうです。
本店が銀座6丁目にあることにちなんで名づけられたそうです。

こちらは詰合せ商品です。
大きな栗を和風マロングラッセに仕立てた「招寿栗」と、黒豆入りの葛餅の「招寿餅」の詰合せです。

スポンサーリンク

銀座甘楽について

銀座甘楽は、東京銀座6丁目のコリドー街に本店がある和菓子専門店で、素材にこだわった和菓子が味わえるお店です。

公式ホームページ: 銀座甘楽

横浜ジョイナス店について

■住所 〒220-0005
    神奈川県横浜市西区南幸1-5-1横浜ジョイナスB1フロアダイヤキッチン

■電話 045-290-1138

■営業時間 10:00~20:00(ジョイナスの営業時間に準ずる)

横浜ジョイナス店は『【ジョイナス横浜】地下街ダイヤキッチンの店舗が続々と営業終了!リニューアルオープンへ!』でご紹介している通り、2020年のダイヤキッチンのリニューアルに伴いオープンしました。

店舗情報について

銀座本店と横浜ジョイナス店以外にも店舗があるのでご紹介します。

  • グランスタ東京店
  • エキュート立川店
  • エキュート大宮店
  • エキュート品川店
  • エキュートエディション渋谷店
  • ルミネ荻窪店
  • ルミネ北千住店
  • 大船ルミネウイング店
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です