【横浜高島屋】新エリアフーディーズポート誕生!地下食料品フロアについてご紹介します!

スポンサーリンク

2020年12月、横浜高島屋の地下食料品売り場に新エリアが誕生しました!これに伴い食料品フロアは『フーディーズポート(Foodies’ Port)』として生まれ変わります!
横浜高島屋に新しく誕生したエリアについて、スウィーツエリアなどの情報を中心にご紹介します!

2020年に横浜駅西口に駅直結の巨大駅ビル『JR横浜タワー』が開業となり大きな話題となっていますが、同じく西口側の横浜高島屋でも新たなショップが続々とオープンとなりました!

フーディーズポートについて

2020年12月に新しく誕生した地下街に広がるエリアは『Foodies’ Port2』と名付けられています。今までもあった本館エリアの地下食料品売り場については同時期に改めて『Foodies’ Port1』と名付けられたようです。

以下のとおり、営業時間も異なります。新しく誕生したFoodies’ Port2の方は、夜9時までの営業となります。既存の本館エリアの方は今までと変わらず午後8時までですが、新エリアは午後9時までということで、帰りが遅く方にとってはだいぶ助かると思います。

  • Foodies’ Port1(本館エリア): 午前10時~午後8時
  • Foodies’ Port2(地下街エリア): 午前10時~午後9時
スポンサーリンク

新エリアのフロアマップ

こちらが横浜高島屋の地下食料品エリアの全体図です。左下のエリアが新しくオープンとなった地下街エリア(Foodies’ Port2)です。

こちらが新エリアの拡大マップです。
注目のスイーツブランドが集まる『スウィーツマーケット』に注目しますが、その隣には『和洋酒売場』が面積を大幅に拡大させてリニューアルオープンとなっています。

スイーツマーケットは、手土産にもピッタリな店舗も多いです。この他にも横浜駅周辺でお土産を買うのにぴったりなショップの情報を『【横浜駅】横浜みやげが買える!お土産売り場・営業時間の情報をまとめました!』でまとめてご紹介しています。

スウィーツマーケットについて

『スイーツマーケット(Sweets Market)』には日本初や横浜地区初など、最旬のスイーツブランドが集まります!
実際に購入してみた店舗については、商品の感想などをまとめた記事のリンクを以下に記載していきます。

スイーツマーケットの様子

店舗の一覧は以下のとおりです。日本初登場や百貨店初登場、横浜地区初登場となっているブランドがほとんどです!

THE MASTER by Butter Butler(ザ・マスターバイバターバトラー)

バターバトラーのご主人様が愛したバタースウィーツブランド
※日本初登場

横浜駅で売り切れ必至のザ・マスターの「ラムレーズンバターサンド」がリッチな美味しさですごい!』で、数量限定のラムレーズンバターサンドについてご紹介しています。

その他のバタースイーツについて、『ラムレーズンバターサンドで話題の【ザ・マスター】の厳選バタースイーツを徹底レポート!』もあわせてご確認ください。

FRuuuTs!(フルーーツ!)

カラフルなコットンキャンディ
※日本初登場

Shobre(ショブレ)

【クッキーの泉屋】が手がけるショートブレッド専門店
※日本初登場

CARAMER(キャラマー)

キャラメルの新ブランド
※日本初登場

PIE314(パイ314)

「香り」を主役にしたパイ専門店
※日本初登場

横濱チーズ香る洋菓子店

チーズ好き必見のチーズスウィーツ専門店
※日本初登場

Butters(バターズ)

※百貨店初登場

Be!FRUITS PARLOR(ビー!フルーツパーラー)

※百貨店初登場

横浜キャラメルラボ

※百貨店初登場

京都洋菓子工房KINEEL(キニール)

※百貨店初登場

PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)

※横浜地区初登場

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

※横浜地区初登場

KASHO SANZEN(菓匠三全)

※横浜地区初登場

CHEESE GARDEN(チーズガーデン)

※横浜地区初登場

FRANҪAIS(フランセ)

鎌倉ニュージャーマン

ジェラテリアパンチェーラ

スポンサーリンク

高島屋地下エリアの増床について

横浜高島屋では、2019年から地下エリアのリニューアルがはじまっており、リニューアル前と比べると地下食料品売り場が1.5倍に増床される計画となっています。
発表当時の情報等について『【横浜高島屋】地下食料品売り場が1.5倍に拡大・増床!2021年春には国内最大級の規模に!』で詳しくご紹介していますが、今回ご紹介したフーディーズポートについても、この計画が進んできたことにより新しくオープンとなりました。

スポンサーリンク